加古川市のカイロプラクティック | Rose Beauty

新着情報

紫外線に当たるとどうなるの?

2015/07/30
夏真っ盛り!紫外線に要注意です。
 
紫外線には色んな種類があります。
大きく分けると……。
 
・UVA
・UVB
・UVC
 
と言った具合に分かれ、それぞれ起こる症状も異なります。
 
ちなみにA、B、Cの分かれ方は紫外線の持つ波長の長さによって決まります。
波長が短いほどに強く、お肌の影響もかなりのものです\(◎o◎)/!
ただ、一番強いUVCはオゾン層によって守られるので、ほとんど当たることはないのです。
 
そうなると問題はUVAとUVBですね(^_^;)
UVAは表皮のタンパク質を変質させて、メラニン色素を参加させる褐色にする
『サンタン』という現象を起こします。
深層部にまで届くので、肌がヒリヒリしたりシミの原因になるのはUVAのしわざなんですね。
 
一方でUVBも同じ効果をもたらしますが、こちらは表皮層のみにしか届きません。
(『サンバーン』と呼ばれてます)
なので、皮がむける日焼けと言えばUVBのしわざであっています。
 
日焼けを起こすと肌が痛いだけではなく、たるみの原因にも……。
そうならないように、外に出るときは日焼けクリームを肌が露出する部分に塗り、
できれば日傘を差して出かけましょう。
 
日に当たらないことが一番ですが、出なければいけないときもあります。
そんな時のために、夏の太陽から肌を守るケアを行いましょうね。
 

079-439-7429 営業時間 10:00~21:00 (不定休)